建国の父 アブドルアジーズ国王

建国の父 アブドルアジーズ国王

建国記念日(ヤウム・ル・ワタニー)

サウディアラビア王国の建国の父は、アブドルアジーズ・ビン・アブドルラハマーン・アルファイサル・アール・サウード国王(通称イブン・サウード)です。アブドルアジーズ王は建国に先立って、各地の統一を成し遂げ、西暦1932年(=ヒジュラ暦1351年)9月23日に独立を宣言されました。アッラーへの信仰をいしずえとし、めざましい発展を遂げているサウディアラビア王国は、この9月23日を「建国記念日」と制定し、盛大に祝ってきました。


建国の父 アブドルアジーズ王

サウディアラビア王国はイスラームの理念にのっとり、イスラーム法であるシャリーアを施行する国家としてその産声をあげましたが、この国家の創立の背景には、アブドルアジーズ王らのたゆまぬ努力があったのでした。

サウディアラビア王国の誕生まで

サウディアラビア王国のはじまりは、ディルイーヤを治めていたサウード家のムハンマド・ビン・サウードと、宗教指導者であったシャイフ・ムハンマド・ビン・アブドルワッハーブが、イスラームの理念に基づき、協力をしてゆくことを盟約(「ディルイーヤの盟約」)した、西暦1744年にさかのぼることができます。

ディルイーヤの遺跡

この2人は、イスラームの本来あるべき姿を取り戻し、人々が陥っている誤りと逸脱をなくすことをめざすことで一致。諸部族に正しい信仰を伝え、アラビア半島の統一を進めていきました。

しかしながら、このようにして誕生した王国の安定は長く続かず、外国勢力の干渉や部族間抗争はその激しさを増していきました。ムハンマド・ビン・サウードとそしてその息子であるアブドルアジーズは、クウェイトに居を移すことになりましたが、後にサウディアラビア王国建国の父となるアブドルアジーズは王国の再興と復権を心に強く誓ったのでした。

クウェイトに滞在し、復権の機会を待っていたアブドルアジーズは、西暦1902年1月15日(ヒジュラ暦1319年シャッワール月5日)、ついにリヤードを取り戻しました。このリヤード奪還を契機として、アブドルアジーズは王国の統一を再び実現していきました。

サウディアラビア王国の誕生

アブドルアジーズ王の理念と、アッラーへのゆるぎない信仰に共鳴した人々は王国の基礎を築く作業に率先して参加しました。そして、西暦1932年9月23日、サウディアラビア王国が誕生したのでした。

家族に囲まれるアブドルアジーズ王

アブドルアジーズ国王の業績は数多くありますが、遊牧民の定住とイスラームにのっとった生活の実施、安全な巡礼路の確保、メッカの聖モスクの改修と拡張、教育の普及などは、いずれも王国の基礎を確固たるものとし、サウジアラビアのみならず世界中のムスリムたちに貢献するものでした。

石油の発見

西暦1938年、サウディアラビア王国の東部において石油が発見されました。西暦1932年に建国されてから数年という早い時期に石油が発見されたことで、サウディアラビア王国は早い時期からさまざまな分野において開発を進めることが可能となったのです。国内鉄道の整備や放送局の整備、教育の普及、医療施設の整備なども行われました。

こうしてサウディアラビアは、目覚しい発展をとげ、アラブ諸国においても重要な役割を遂げる国家となっていったのです。

アブドルアジーズ王の逝去

アブドルアジーズ(通称:イブン・サウード)国王は、西暦1953年11月9日、人々に惜しまれつつ逝去されました。しかし、現在でもサウディアラビア国民は亡き王の偉大なる業績を誇りとし、その思い出を胸に秘めているのです。

サウディアラビアの歴代国王

アブドルアジーズ王の後を継いだのは、彼の御子息たちでした。これまでにサウディアラビアの国王となられたのは、以下の方々です。

第1代:アブドルアジーズ国王誕生:西暦1876年
逝去:西暦1953年
在位:西暦1925年~1953年建国の父として王国の基盤を築かれました。
第2代:サウード国王誕生:西暦1902年1月14日
逝去:西暦1969年2月
在位:西暦1953年~1964年お父上の後を継ぎ、王国の基礎をかためられました。サウード国王の生涯と業績・西暦1933年皇太子に指名される。
・西暦1953年父王の逝去に伴い、王位を継承。
・閣僚会議を創設。
・教育省を創設。ファハド王子を初代大臣として任命。
・西暦1957年、キング・サウード大学創設
・西暦1964年、兄弟であるファイサルに王位を譲る。
・その後、国外にて療養。
・西暦1964年、療養先のアテネにて死去。祖国の地に埋葬される。
第3代:ファイサル国王誕生:西暦1906年4年
逝去:西暦1975年3月25日
在位:西暦1964年~1975年国の基盤をかため、さらなる発展に結びつける様々な政策を実施されました。ファイサル国王の生涯と業績

・御誕生6ヶ月で母君を亡くされました。
・西暦1932年、外相に任命されました。
・外相として、国際的な舞台で数々の経験を積まれました。
・サウード国王のもとでは閣僚会議の長(首相)を務められました。
・1975年、Time誌の「Man of the Year」に選ばれました。
・西暦1975年に亡くなられました。

第4代:ハーリド国王誕生:西暦1913年
逝去:西暦1982年6月
在位:西暦1975年~1982年国内外で幅広い活躍をなさいました。ハーリド国王の生涯と業績

・ヒジャーズ地方の監督を経て、西暦1934年内相に就任。
・在位中に5ヶ年計画を実施。各分野における発展を実現。
・キング・ファイサル大学とウンムルクラー大学を創設。
・西暦1981年創立のGCCにおいてもリーダーシップを発揮。

第5代:ファハド国王誕生:西暦1921年
逝去:西暦2005年
在位:1982年~2005年ファハド国王の半生と業績・西暦1921年、建国の父アブドルアジーズ王の王子として誕生。
・父王のもとで教育を受け、治世についても学ばれました。
・西暦1953年に設立された教育省の初代大臣に任命されました。
・西暦1962年、内務大臣に就任。
・西暦1975年、副首相に就任。国政に大いに寄与されました。
・西暦1982年6月13日に第5代国王となられました。
・国内、アラブ世界、世界の各舞台で重要な役割を果たされました。
第6代:アブドゥラー国王誕生:西暦1924年
在位:2005年~アブドゥラー国王の業績・西暦1924年: 初代国王アブドルアジーズの息子、シャンマール家の娘を母としてリヤードに生まれる。
王室教育を受ける。
・西暦1963年: 国家警備隊司令官
・西暦1975年: 第2副首相兼国家警備隊総司令官
・西暦1982年: 皇太子兼副首相兼国家警備隊総司令官
・国内では国民の関心にいつも心に留め、アラブ世界、世界の各舞台では世界平和の達成のためリーダーシップを発揮されています。
・二聖モスクの守護者として活躍されています。