サウディアラビアと国内観光

日本からも行けるサウディ観光

この数年の間に、サウジアラビア王国では観光産業が急速に発展しました。美しい海をのぞむ海岸リゾートや、南部の山岳地帯にある避暑地はサウディアラビア内外の旅行者を魅了しています。

ホテルはもちろんのこと、ショッピングセンター、遊園地、レジャーセンターなども充実しています。これまでサウディアラビア王国では国内よりも国外に出かける観光旅行が主流でした。しかし、王国が国内観光に適した魅力ある各地方に注目し、それらの地域を中心に旅行者を受け入れる体制を整えるプロジェクトを続けた結果、国内観光が年を追うごとに盛んになっています。

また、観光ツアーの分野において、日本とサウディアラビアの間の距離は急速に縮まりつつあります。観光ツアーでサウディアラビア訪れる方々も増えました。おそらくこのページをご覧の皆さんの中には、お仕事以外の観光ツアーで王国に行かれたというがいらっしゃることでしょう。

サウディアラビアが誇るすばらしい避暑地

さて、上にある3つの写真はどこの国で撮影されたものかおわかりになりますか?そう、これらは全てサウディアラビア王国にある避暑地の写真なのです。サウディアラビアというと、灼熱の砂漠とうだるような夏の暑さを思い浮かべられる方も多いと思います。たしかに、王国にはそのような地域がたくさんあります。しかし、その一方で、人々を魅了してやまない山岳地帯があるのです。

これらの避暑地は王国の南部に位置しています。夏も穏やかな気候に恵まれ、豊かな降雨のおかげで樹々が多い茂り、訪れる人々を癒してくれます。ターイフ、バーハ、アシールなどが代表的な地方としてあげられます。これらの地方の標高はいずれも海抜2000~3000メートルあります。つまり、日本の避暑地と変わらない、もしくはそれよりも高い標高にあるのです。

これらの避暑地では、夏でも気温が25~30℃前後、高地にあるバーハやアシールでは19℃ほどにしかなりません。ターイフは古くから人気の避暑地として知られてきましたが、近頃は各種施設の充実などから、アシールとバーハの人気が急速に高まりつつあります。

これらの地域にはそれぞれの特色があります。段々畑の景観を楽しんだり、おいしい食べ物を味わうこともできますし、ケーブルカーに乗って絶景を堪能することもできます。レジャー施設も整っているので、自然のすばらしさを満喫しながら長期滞在し、充実した夏休みを送ることも可能です。

美しいサウディアラビアの海

サウディアラビアはアラビア半島全体の面積のうち80パーセントを占めており、三方を海に囲まれています。アラビア半島と海といえば、日本でも漁業とダウ船~シンドバッドの海~を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実際に、サウディアラビアには海と密接なつながりを持ちながら暮らす人々がたくさんおり、海岸部への旅ではこ彼らの暮らしを垣間見る絶好の機会です。砂漠だけではなく、はっとするほど美しいサウディアラビアの海は、そこを訪れる人々の素敵な思い出となることでしょう。

楽しいサウディ旅行

サウディアラビアには、美しい自然とレジャー施設が共存した観光スポットが数多くあります。砂漠に車で出かけたり、涼しい高原で自然を満喫したり、美しい海と珊瑚礁の景観を楽しんだりと、楽しみは尽きません。家族で食事やショッピングを楽しみながら滞在する、そんな夏休みを過ごすサウジ人も増えてきています。