サウディアラビアと国土と自然

サウディアラビアはどこにある?

サウディアラビアは日本から見ると、東南アジア、インドそしてアラビア湾を越えたところにあります。時差は6時間。ヨーロッパよりもずっと近いところにサウディアラビア王国はあります。

サウディアラビア王国はアラビア半島全体の面積のうち、80パーセントを占めています。サウディアラビア王国に接する国は、ヨルダン、イラク、クウェート、バハレーン、カタル、アラブ首長国連邦、イエメン、オマーンなどです。

国土の総面積は約225万平方キロメートルです。王国は全部で13の行政地区(=州)に分かれており、これらの州はさらに細かい県(計104県)に分けられています。その中にはさまざまな市町村が位置しており、それぞれが独自色をもっています。

地理的状況

サウディアラビア王国の国土は、地理的に5つの地域~(1)国の首都がある中央の高原部、(2)紅海に面した西部地域、(3)イエメンに近い南部地域、(4)砂漠に覆われた東部産油地帯、(5)南東部のルブアルハリ砂漠地域、に分かれています。

 (1)中央の高原部ここには王国の政治的中枢である首都リヤードがあります。夏は高温低湿で、冬はかなり寒くなります(1年間の最高気温と最低気温の差は約40℃)。耕作に適さない土地が多いものの、ハルジュとカシームでは農業(特に小麦栽培)が盛んです。
 (2)西部地域西部地域はヒジャーズ地方と呼ばれています。ここには標高の高い山々が連なっており、夏は高温多湿になることで知られています。ヒジャーズにはイスラームの聖地であるマッカとマディーナがあり、ジェッダの港には多くの巡礼客がおりたちます。
 (3)南部地域 南部地域はアシールとも呼ばれています。ここには3000メートル級の山があり、気候も他の地域とは異なっています。降雨量も多く、植生も豊かな地域です。ターイフと並んで、有数の避暑地として注目を浴びている地域です。
 (4)東部地域 東部地域は世界的にも有名な産油地帯となっています。石油産業施設もここに集中しており、中でもジュベイル工業地区は有名です。なお、この地域は砂漠に覆われており、特有の風が吹くことでも知られています。
(5)ルブアルハリ砂漠
ルブアルハリ(Rub Al-Khali:the Empty Quarterの意味)砂漠はじつに広大な砂漠で、その面積は65万平方キロメートルにも及びます。この砂漠では雨が全くといってよいほど降らず、気候も非常に乾燥しています。

 

知られざるサウジアラビアの自然

サウディアラビアは三方を海に囲まれています。みなさんもご存知のように、世界的にも有名な砂漠を擁する国ですが、その一方で国内には高原や緑にあふれる山岳地帯があります。とくに山岳部は国内でも人気の避暑地となっています。

毛糸の帽子をかぶって雪遊び!

サウジアラビアの最高地点はサウダ山で、その標高はなんと海抜3133メートルです。サウダ山はアブハー市のすぐ近くにある山で、国立公園にも指定されています。降雨に恵まれたこの地域で、避暑客たちは豊かな自然とひんやりした気候を楽しみます。

非常にまれではありますが、サウディアラビアでも雪が降ります。上で紹介したアシール地方などでは、雨だけではなく雪が降ることもあります。先の西暦2002年1月には北部の地域で40年ぶりに降雪を記録するというビッグニュースもありました。この時には、20センチもの雪が積もった地区がありました。

サウジアラビア王国の13行政区(州)

州の名前
(代表的な都市、町)
説明
 北部国境州
(アルアル)

シリア、イラクといった国々との国境にある地域で、牧畜が盛んです。
 アル・ジョウフ州
(アル・ジョウフ、サカーカー)

アル・ジョウフは非常に古い歴史を持っている地域です。豊かな水に恵まれており、ナツメヤシやオリーブの栽培が盛んで、農業計画によって野菜や果物の栽培も新たに進められています。
 タブーク州
(タブーク)

タブークの歴史はは非常に古いことで知られています。この州は比較的穏やかな気候に恵まれています。
 ハーイル州
(ハーイル)

ハーイルは、シャンマルという部族の名前が付けられた山々(標高は1000メートル前後)のそばに位置しています。古くから、巡礼者や隊商が立ち寄る場所として栄えてきました。
 カスィーム州
(ブライダ、ウナイザ)

カスィーム州は王国の中央部に位置しています。周辺は典型的な砂漠気候で、夏は暑く、冬はかなり冷え込みます。積極的な農業政策の結果、王国有数の小麦生産地として知られるようになりました。
 東部州
(ダンマーム)

東部は国内屈指の産油地帯です。石油輸出の一大基地であり、ここには石油工業施設が数多く建設されています。ここにあるジュベイル工業地区は世界的に有名です。
 リヤード州
(リヤード:首都)

首都リヤードを擁するこの地域には、キングハーリド国際空港、スポーツスタジアムを始めとする、王国を代表する施設が集まっています。
 マディーナ州
(聖地マディーナ、ジェッダ)

マディーナはイスラームのもうひとつの聖地です。預言者ムハンマドとその教友たちが移住して以来、古い名前であるヤスリブではなくマディーナという名前で呼ばれるようになりました。このマディーナには預言者モスクがあり、多くの信徒が訪れる場所となっています。
 マッカ州
(聖地マッカ)

イスラームの聖地マッカを擁するこの地域は、預言者ムハンマド生誕の地、そして彼に最初の啓示が下された地でもあります。世界中のムスリムは1日5回、この地を向いて礼拝します。このメッカには、1年を通じて巡礼のために世界中から人々が訪れます。ヒジュラ暦12月に行われるハッジ(大巡礼)の時には、国をあげて巡礼者たちを迎えます。
 バーハ州
(バーハ)

アシール同様、バーハは山々に囲まれており、その大地は緑に覆われています。ターイフやアシールと並んで、人気の避暑地となっています。
 アシール州
(アブハー)

山々が連なるアシール地方の中心であるアブハー市は海抜2200メートルのところにあります。アシールにある国立公園は非常に人気があり、国外からも多くの観光客がこの地を訪れます。
 ナジュラーン州
(ナジュラーン)

ナジュラーンはイエメンとの国境地帯にあり、春に多くの雨が降ることで知られています。ここにはナジュラーン・ダムが建設されており、溜められた水を活かした農業生産が盛んです。
 ジーザーン州
(注:正式名称はジャーザーン)
(ジーザーン)

この州の正式名称はジャーザーンですが、一般にはジーザーンと呼ばれています。この地域は紅海に面しており、大地には肥沃な平野、森林が広がっています。水によって山々から運ばれてくる栄養分が土地を豊かにしており、その恩恵を利用してさまざまな農作物(コーヒー豆、穀物、果物)が栽培されています。